ドッグトレーニング

犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

日本生活環境支援協会(JLESA)が認定している民間資格です。受験資格はなく誰でも挑戦できます。ドッグトレーニングアドバイザーは、家庭犬のしつけで基礎知識とトレーニング手順の認識があるものに対して認定されます。専門用語や確実なトレーニングの手順などが問われます。在宅試験にて合格するとドッグトレーニングアドバイザーになれます。犬のしつけで悩んでいる方に良いアドバイスができます。また、飼い犬のいらっしゃる方は、確実な知時を得ることで散歩の仕方やおやつやフードの上げ方なども以前よりも一段とランクアップすることでしょう。そして、犬のしつけがとても楽になり、勉強でついた自信で、気持ちに距離を置くことにより犬との信頼関係もさらに良くなることでしょう。

2位 犬のしつけインストラクター

日本インストラクター協会が行っている講師志望者向けの民間認定資格です。受験資格は特になく、犬種によるしつけの違いや、道具を使ったトレーニング方法、無駄吠えの対策など実践的な内容です。インターネットから申し込みができます。在宅試験に合格すると犬のしつけインストラクターとして認定されます。公の場での犬との過ごし方やマナーなどもマスターします。犬のしつけで悩んでいる人たちに参考にしてもらえるようなアドバイスができることも求められます。習得後は犬のしつけインストラクター講師としての活動などが期待できます。

3位 家庭犬ドッグトレーナー

最初にご紹介するのは、一般社団法人日本ペット技能検定協会が行っている民間認定資格で、動物愛護法で動物との関わりが見直されている中、動物と一緒に生きていくのに不可欠な資格として注目されています。年齢制限などなくて、協会指定のカリキュラムを修了した者が受験資格を得られて筆記試験を受けます。受験者は、幅広い年齢層です。犬を飼っている人の数よりも家庭犬のトレーナーの数の方が圧倒的に少ないので、今後は活躍の場が増えることでしょう。

こちらの家庭犬のドックトレーナーは、国際家庭犬トレーニング協会(IDTA)が認定する資格で民間の認定資格です。家庭犬トレーナー1級と家庭犬トレーナー2級があります。受講資格は中卒以上で、受講期間は約3ヶ月~6ヶ月ほどです。DVD付きのテキストで家庭犬ドックトレーナーの知識を育みます。課題付きの実技試験もあります。

家庭犬のドッグトレーナーについて、もう1つご紹介します。日本キャリア教育技能検定協会の主催するJCSA認定のドッグトレーナー認定試験です。協会が認定した『ドッグトレーナー養成専門講座』を受講します。基礎知識からトレーニングの仕方、犬とのコミュニケーションなど様々なことを学びます。
認定課題をクリアすると認定されて合格を得られます。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)の主催するドックトリマーの民間資格を習得するには、協会指定の通信講座を受講します。認定課題をクリアすると合格認定されます。ドッグトリマーとは、犬の美容と健康のアドバイザーのことです。老犬のお手入れや犬の毛のカットをしたりもします。ドッグトリマーは人気の職業です。資格取得後は、犬のショップを開業することもできます。その際には、別途「動物取扱責任者」の資格の申請と許可も必要となります。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)の主催するドックトレーナーの民間資格は、協会指定の通信講座を受講します。犬のしつけの基礎知識から、犬のほめ方しかり方、トレーニング方法、コミュニケーション方法など幅広く学びます。認定試験は所定の通信講座の基準をクリアした状態で修了したら合格と認定されるようです。資格取得を考えられている方は、公式ホームページから問い合わせができます。AM 10:00~PM 18:00の間は、電話での問い合わせも応じてくれるようです。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

資格通信教育ランキング

PAGE TOP