猫資格人気ランキング

ネコノミクス言葉が生まれるほど、昨今の猫ブームはすごい勢いがあります。猫はとても種類が多く性格もばらばらなため、猫の飼育には専門的な知識が必要なこともあります。一方で、昨今の猫の人気が高まるにつれ、様々な資格も生まれてきました。今回はそんな猫に関する人気資格をランキング形式でご紹介していきます。

1位 猫の育て方アドバイザー

猫の育て方アドバイザーは日本生活環境支援協会が認定している資格です。この資格は、猫を飼育する上で最適な環境を整え、食事やトイレの世話、病気、避妊などの知識を有している方に与えられます。受験するための条件は特になく誰でも受験可能で、受験料も10000円と低価格なので、趣味でこういった資格を取りたいと考えている方にも最適です。申し込みはインターネットから行い、在宅で受験できます。合格ラインは70%なので、油断せずにしっかりと準備しましょう。二ヶ月おきに試験が実施されているので、比較的自分の好きなタイミングで受験できるのもいいですね。猫愛好家の方から、ペット業界で働く方まで資格がほしいと思ったら、まずは猫の育て方アドバイザーにチャレンジしてみてください。

2位 猫の健康管理インストラクター

猫にはたくさんの品種がありますが、その品種ごとの歴史や特徴、性格、育てる環境などの知識を持っていることを証明する資格が猫の健康管理インストラクターです。この資格は、日本インストラクター協会(JIA)が認定しており、猫の育て方アドバイザーと並び受験しやすく人気の資格となっています。受験資格は特になく、受験料は10000円です。インターネットからの申し込みで、在宅受験、合格率70%という点も猫の育て方アドバイザーと同様です。資格取得後はインストラクターとして、活躍の幅が広がります。猫について知識を深めたい、ペットショップの従業員や経営者の方、猫マニアとして資格を取っておきたい方など、アドバイザーと合わせて取得してみてはいかがでしょうか。

3位 キャットケアスペシャリスト

キャットケアスペシャリストは一般社団法人日本ペット技能検定協会が認定しており、その名の通り猫のプロに与えられる資格です。猫の飼育の基本から、健康や繁殖、美容に至るまで猫に関わる幅広い知識が必要になります。受験資格は協会が指定したカリキュラムを修了した方というのが条件ですが、年齢制限などは特にありません。試験は筆記試験のみで、合格後のライセンス交付申請料は12000円になります。トリマーやペット販売士の方には特に人気で、取得することで仕事面では大きなアドバンテージとなります。

4位 キャットシッター

ペットシッターというのは聞いたことがあると思いますが、猫専門のシッティング業務を行うのがキャットシッターで、キャットシッター自体が資格として存在します。この資格を認定しているのは、一般社団法人日本ペット技能検定協会という組織で、ペット系の認定資格を多数発行していることからも信頼できる価値のある資格といえます。試験内容は違いますが、基本的にはキャットケアスペシャリストと同様に協会指定のカリキュラムを終了後、筆記試験に合格することが認定の手順です。ライセンス申請料も12000円となっています。明日ます高まるペット業界における猫の需要にマッチした資格なので、ぜひ取得してキャットシッターとして活躍してください。

5位 キャットフレンドリーパーソン

キャットフレンドリーパーソンは愛猫家を対象とした資格で、東京猫医療センターが監修をおこなっています。受験には講座を受講したのち、試験を受けることになりますが、出題数は100問となかなかのボリュームです。なお、試験は自宅での受験となり、日時も特に決まっておらず随時行っていますので、仕事が忙しい方などもかなり柔軟にチャレンジできるのは魅力です。猫が好きで好きでたまらないという方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP