発酵食品資格人気ランキング

美容や健康にも深い関わりがある発酵食品ですが、発酵食品に関する様々な資格も世の中には存在しています。今回は発酵食品にかかわる人気資格をランキング形式でまとめてみました。

1位 発酵食健康アドバイザー

発酵食品やそれを使用した料理に関する幅広い知識を有していることを証明する資格が発酵食健康アドバイザーです。この資格は日本インストラクター協会が認定しており、納豆菌や、乳酸菌などの発酵菌の種類とその働き・効果や、発酵食品と美容健康との関係性を正しく理解しているかどうかなどが求められます。さらに、アドバイザーという名前が付いている通り、発酵食品の作り方やウ段の食事にどうしたら効率良く取り入れられるかを指導できる技能も求められます。広く深い知識が必要ですが、受験に関しては年齢制限や事前の講座受講なども必要なく、誰でもチャレンジできる手軽さが魅力です。受験料は10000円で、インターネットからの申し込みを行います。自宅での受験となりますので、開業に行く手間もなく、リラックスして受けることができるのも嬉しいですね。合格ラインは70%なので、しっかりと事前準備は怠らないようにして一発合格目指しましょう。

2位 有機美容発酵食品マイスター

有機美容発酵食品マイスターは日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している資格です。味噌やチーズ、ヨーグルトなどの身近な発酵食品に関する知識や微生物の働きなどのより学問的な知識などを有していることが取得の条件です。飲食関係、美容健康関係の仕事をしている方はこの資格を持っていると仕事の信頼度も上がること間違いなしです。受験には年齢制限などもなく、誰でもインターネットから申し込みをするだけで、自宅で試験が受けられます。合格ラインは発酵食健康アドバイザーと同様の70%です。試験も2ヶ月ごとに実施されているので、比較的受験の日時の自由度は高いです。趣味レベルから本格派の方まで、どんな方が受けても損はしない資格です。発酵食健康アドバイザーと有機美容発酵食品マイスターの同時取得もおすすめです。

3位 健康食コーディネーター

健康食コーディネーターは発酵食品やヘルシー料理の調理法や糖質制限方法、食品表示の読み方など、健康食に関する様々な知識を有していることを証明する資格です。講座を無事に修了することが資格取得の条件で、講座ではかなりじっくりと健康食について学ぶことができます。なかなか発酵食・健康食を独学で勉強するのは大変ですが、この資格なら勉強しながら資格も取れるのでとってもお得ですね。趣味で料理を極めたい方から飲食店や料理教室の開業を目指す方まで、足がかりの一歩としてこの資格はおすすめです。

4位 発酵マイスター

発酵マイスターは一般社団法人日本発酵文化協会が認定している資格で、発酵についての専門知識を有していることを証明するものです。合格するには、発酵のメカニズムにとどまらず、歴史や文化を深く知る必要があります。資格の取得には、協会の実施する発酵マイスター養成講座と発酵教室ベーシック講座を受講したのち、課題提出と試験をクリアしなければなりません。なかなかハードルも高いと感じるかもしれませんが、講座ではかなりディープな内容までしっかりと学べるので、きちんと理解すれば、試験合格も目前です。時間は少しかかりますが、大変な分だけ価値も高いので、ぜひチャレンジしてみてください。

5位 発酵食スペシャリスト

発酵食スペシャリストはホールフード協会が認定している資格で、別名「醸しにすと」とも呼ばれます。この資格には発酵食スペシャリストと発酵食スペシャリスト極の2タイプが用意されており、後者の場合はスペシャリストとのお話やテイスティングなど実践を交えて深い理解と知識を身につけることができます。受講費用は36000円と決して安くはないですが、充実の講座が付いていることを考えればとてもお得だと思います。また、分割払いにも対応しているので、興味がある方は、取りたいなぁと願うだけではなく、ぜひ行動に移してみてください。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP