着物着付け方資格人気ランキング

今、インスタ映えを狙ってか、若い世代で着物や浴衣の人気が高まっています。また、観光客の間でも和装体験が流行っていて、着付けができる人は観光地で引っ張りだこのようです。着物に関わる資格があれば、呉服店で働くだけでなく、結婚式場、写真館、独立して着付け教室を開いたりと仕事の幅が広がりますよ。人気順に資格を紹介しますので、興味があれば是非参考にしてみてくださいね。

1位 着物マイスター

人気ナンバーワンは、日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「着物マイスター」です。この資格では、着物の歴史、種類、帯の種類、結び方、お手入れ方法、たたみ方、買い方など着物に関するあらゆる知識を身に付けていることが認定されます。また、入学式、卒業式、茶席などTPOに合わせた着物の選び方や、着物に合わせたメイクや髪型などの知識も習得できるので、日常にも役立つ資格と言えるでしょう。資格取得後は、着物マイスターとして活動することができます。受験資格は特にないので、誰でも挑戦できますよ。受験料は10,000円、インターネットから受験申込ができます。在宅受験なので試験会場に出向く必要もなく、自分のペースで受験できます。

また、独学に自信がなければ、通信教育の諒設計アーキテクトラーニングで勉強することができます。この講座は日本生活環境支援協会主催の「着物マイスター」、日本インストラクター技術協会主催の「着付け方インストラクター」の2資格に対応しています。また、試験が免除になるスペシャル講座も用意されており、確実に資格を取得したい方にお勧めです。通常講座は受講料59,800円、スペシャル講座は受講料79,800円です。

2位 着付け方インストラクター

日本インストラクター技術協会主催の「着付け方インストラクター」資格を取得すれば、着物に関する基礎知識や、着物の着付け方に関する基礎知識を十分に理解していることが証明されます。単なる着付けの技術だけでなく、雨の日の装い、春夏秋冬の装い、和装婚の装いなど天候や四季折々に合わせた装いについて学ぶことができ、実用性のある資格と言えます。また、着物を着る前に準備しておくこと、着物を一人で着る方法や美しく着るためのポイントも含まれますので、仕事で人に着付けをするだけでなく、自分で着物を楽しむことができるようになりますよ!着物を着たときの歩き方や階段での上り下り、履物の脱ぎ方などの立ち居振る舞いまで身につくので、自然に普段でも上品な自分を演出できるようになりそうですね。資格取得後は、着付け方インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。こちらも受験資格は特になく、受験料は10,000円とお手頃です。受験申請は協会のインターネットからでき、在宅受験が可能です。1位でご紹介した諒設計アーキテクトラーニングなら、「着物マイスター」、「着付け方インストラクター」の2資格に対応しているので、思い切って両方取得するのも良いかもしれません。協会のホームページでは、着物の種類や着付けに必要なものについて概要が掲載されています。着付け初心者にとって解りやすく参考になる内容なので、是非ご覧くださいね。

3位 着付け技能検定

この資格は国家検定制度で、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的に、職業能力開発促進法に基づいて実施されるものです。平成21年の職業能力開発促進法の法改正により、「着付け」が技能検定の対象職種となりました。 一般社団法人全日本着付け技能センターが「着付け」技能検定に関する指定試験機関として、厚生労働大臣から指定を受け実施しています。受験するためには実務経験が必要ですが、検定内容は基本的、一般的な技能のみを対象としているため、芸術的な要素や流派による伝統・文化等の高度なものは含まれません。仕事で着付けをされてきた方は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。試験は、学科試験と実技試験が行われ、合格者には等級に応じて「1級着付け技能士」、「2級着付け技能士」の称号が付与されます。「技能士」とは、技能検定に合格した人に与えられる国家資格なので、技能検定に合格しないと名乗ることはできない「名称独占資格」です。つまり、合格していないのに勝手に名乗ると罰せられる資格なのです。国が認めた資格ゆえに受験資格や実技があったりと厳しい一面もありますが、この資格を取得すれば、その実力が確固たるものであることを証明できる訳ですから、着物に関わる仕事をする人にとってかなりメリットの大きい資格と言えるでしょう。受験料は学科試験 1級8,900円・2級8,900円、実技試験 1級 18,500円・2級16,700円です。

4位 きものコンサルタント

きものコンサルタントは、社団法人全日本きものコンサルタント協会が、着物の歴史と文化、着付け、着こなし、作法についての知識と技能を認定するもので、年1回実施しています。受験には予備講座の受講が義務付けられています。受験資格は、「着付け指導について2年以上の実務経験がある者・着物を教える学院、教室の卒業生で220時間以上着物に関する教育を修了した者・その他、全日本きものコンサルタント協会が資格ありと認めた者」となっており、いずれか1つを満たせば受験可能です。試験内容は筆記試験と実技ががあります。筆記試験では着物や小物の種類以外にも、マナー、着物の管理方法まで幅広く問われます。受験料は7,800円 、予備講座受講料は23,600円です。

5位 着付け師

この資格は日本和装教育協会認定の資格で、長沼静きもの学院で取得できます。着付師の資格は3級から1級まであり、1年で資格取得を目指すことができます。カジュアル・セミフォーマル・フォーマルの着付スキルが身につくので、短期間実力を付けたい方や、美容業界を目指している方におすすめの資格です。クオリティの高いレッスンでは担任制を採用しており、卒業までしっかりとサポートしてくれるので安心です。また、長沼静きもの学院では手ぶらで気軽にレッスンに通える「らくらくコース」があり、着物や小物類は無料レンタルできます。仕事帰りや遠方の場合など、荷物を持ってレッスンに通う必要がないので便利ですね!受講料は12ヶ月で196,800円です。長襦袢・和装小物もプレゼントで本当に嬉しいコースですね。ちなみに、自分の着物を持参できるなら、一般コースが144,000円とお安くおすすめです。

 

いかがだったでしょうか?これからますます需要の高まりそうな着付けのお仕事、資格を取ってみませんか?職務経験がなくても受験できる資格もあるので、是非挑戦してみてくださいね。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP