福祉資格

福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判

資格の概要

福祉心理カウンセラーとは、福祉に関する知識や心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状を理解しており、カウンセリングのスキルが一定以上あるとみなされた方へ認定される資格です。
資格取得後はプロのカウンセラーとして活動できるのはもちろん、介護施設・病院などの医療施設でも活躍できます。

資格取得のメリットと必要性

高齢化・過労死などが問題視されている日本では、重要性が高いスキルだと言える福祉心理カウンセラー。
また心理的な知識だけではなく、福祉に関する知識も持ち合わせていないと取得できないものなので、上記の通り現在人手不足である医療施設や介護施設全般では非常に価値のある資格といえます。

また、心理学の基礎を学ぶことによって自分や両親・家族の心のケアにも役立ちます。
福祉関係の職業に就きたいとお考えの方は福祉心理カウンセラーについて学ぶことを推奨します。

福祉心理カウンセラー認定試験の受験方法

この試験は「日本アロマメディカル心理セラピー協会」という団体が開催しています。

ホームページからの申し込みのため、全国どこからでも受験することができ、試験会場も自宅のため落ち着いて実力を出し切ることができます。
5日間の試験期間を終えたら答案を提出します。合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

心理カウンセラーの通信講座

この資格は、なにも学校で習わないと取得できないわけではありません。今は色々な種類の通信教育があり、その中でも心理に関する講座は昔から人気があります。
この記事では一つ、福祉心理カウンセラーの対策がしっかりしている講座をご紹介いたします。

「諒設計アーキテクトラーニング」というスクールをご存知でしょうか。ここは3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育スクールです。
ここが開催している講座の一つに「福祉心理カウンセラーW資格取得講座」があります。
これは福祉心理カウンセラー資格取得に向けた講座でありもう一つ、「福祉心理アドバイザー」の資格も取得できる内容となっています。

そしてこのスクール限定のスペシャル講座では、添削課題を全てクリアした後に卒業課題を提出する事で試験免除になり 「福祉心理カウンセラー」と「福祉心理アドバイザー」の二つの資格が講座卒業と同時に取得できます。
お急ぎで今すぐにでも資格を取得したい方や確実に資格を取得したい方にこちらはおすすめのコースです。勿論通常のコースもありますが、試験の申し込みは上記の通りに自分で行わないといけません。あくまで試験対策だけのものとなっております。
すぐに仕事で使えるための冊子も付いておりサポートがしっかりされているスクールですので、もし通信講座が必要だと感じましたらこちらがおすすめです。

試験に合格した方の口コミ

「介護に携わる仕事がしたいと思い、役に立つスキルを探していたらこの資格を見つけました。
介護だけでなく医療や福祉全般でも使えると聞いて勉強をはじめました。なんとか合格することができたので将来の道が少し見え安心できました。
これからきっとつかえる資格だから勉強したことを現場で使えたらうれしいです」

今、学生の方で介護職を目指す方は増加しています。このように実力を示せる資格を取って活躍してほしいですね。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、少しでも福祉心理カウンセラーという資格に興味を持っていただければ幸いです。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP