食育

管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

日本の国家資格に「管理栄養士」というものがあります。非常に歴史が古い国家資格ですが、これは名称独占資格と呼ばれ、言ってみれば医療系の国家資格では栄養士の補助資格として、免許を持つことが最大の理由になっています。管理健康栄養とは、この国家資格に限りなく近い医療系の民間資格です。役割は傷病者に対する滋養や、療養に必要な栄養の指導やアドバイス、健康促進で日常生活へ復帰させるフォローなどが、管理健康栄養インストラクターの役割です。食材の持つ栄養やビタミン類などの知識を有し、食品表示からその食品が健康維持に役立つかどうかをアドバイスして指導できる立場となります。単独での職種はまだありませんが、健康栄養学と言うのは、いつの時代もニーズがあり、自宅やカルチャースクール、保育士から、看護師、介護に至るまで、ヘルスケアには重要な知識を問われる認定試験という事が出来るでしょう。医療界は、とにかく生活習慣病患者の増加に悩まされています。一人でも多く、こうした管理健康栄養に関する知識を習得するのは、健康生活に寄与することに繋がるでしょう。

管理健康栄養インストラクターとは

JIA(日本インストラクター協会)の行う、この管理健康栄養インストラクターは、医療系の民間資格でも、実際に医療現場で使える資格ではありません。しかし、栄養士や介護、そうした健康管理が重要な課題となる現場や、日常の自宅での正確で正しい栄養学を知る意味では、非常に価値の高い知識を得た確信を得られます。自信をもって他人に食事の栄養について、アドバイス出来るようになるわけで、健康という重要なテーマに対して強い関心があれば、受験するのは有益です。特に食品表示については、加工食品ではインターネットでは不確実で不正確な情報も多く、人によっては捉え方がかなり異なります。正しい栄養学や、添加物などの正しい知識を得ることは、各個人の知見を高め、安全と安心な健康的な食生活をサポートすることが出来るようになるでしょう。

試験を受けるには

まずJIAの公式サイトから、申し込みますが、その前に試験日程のスケージュールが、公式ページに掲載しているので、これを確認します。受験は在宅になりますから、解答用紙提出期限に注意し、あまりギリギリにならないようにすることが重要です。試験問題は筆記になりますから、本当に知識を得たいのなら、栄養学や食材などについて、書籍やスクールで、まずは正確な知識を勉強するべきでしょう。合否は後日自宅に発送されます。合否通知は、およそ目安が提出から20日後です。

合格するには

基本的な栄養学について、いくつか専門書の読破は必要でしょう。ある程度独学で知識を持っていた方が、スクールで受講し、試験に備えるにしても覚えるのに役立ちます。総合栄養学のようなものが、管理健康栄養インストラクターの役割なので、民間資格の中でもやや初心者向きです。認定試験に合格しても、知識を活用できなければ意味が無いので、勉強はしっかりして、それを活かせるようにならないといけません。

認定試験に向かって

独学で勉強するなら、時間をかけて栄養学の専門書からスタートしても良いかもしれません。管理栄養学は、医学系なのでいわゆる一般知識以上の知識は要求されます。そのうえで食材の知識ですから、調理などで栄養の損失や消化についても必要な知識をマスターすることになります。国家資格の管理栄養士も筆記試験です。それなりに難易度が高いので、勉強に関しては数か月以上は必要と思った方が良いですね。知識習得がその目的なので、試験問題を何も参考にしないである程度理解できるほどの、習熟度が必要となります。

合格後の活躍

管理健康栄養インストラクターは、専門の職を求めるというより、栄養士や管理栄養士の補助的な役割とか、一般家庭で健康的な食生活を支える、基礎知識習得がその目的です。しかしがら、応用はかなり幅が広いため、知識を習得して資格を得るのは非常に有益である点は間違いありません。
食育  食育

資格通信教育ランキング

PAGE TOP