紅茶

紅茶のプロになる!口コミで評判の通信講座で資格をゲット!

午後の暖かな日差しの中、手入れの行き届いた庭でアフタヌーンティーを楽しむ。
心の余裕を持って毎日を楽しく暮らすための、イギリス的な暮らしに憧れる人も多いでしょう。
今回は、そんな紅茶のプロでもある「紅茶アドバイザー」「紅茶マイスター」の資格をゲットする通信講座を紹介しちゃいます。
自宅で簡単に資格をゲットすれば、夢見ていた美味しいアフタヌーンティーのある生活はもうすぐそこまで来ているといっても過言ではないかも?

茶葉の選定は難しい?

紅茶の出来栄えを決めるポイントは大きく分けて以下の3つ。

・どの茶葉を使うか
・どのように淹れるか
・どんな道具を使うか

この中で道具については通信講座でオススメの道具があるので、それを使えば誰でもクリアできます。
でも、一般的に一番難しいと思われがちなのが「茶葉の選定」。

美味しい紅茶を作るために一番難しいと言われているのがこの「紅茶の茶葉の選定」になります。
紅茶は産地によって味や香りがかなり異なります。
自分が好きなフレーバーを見つけるという事はじつはかなり難しく、熟練した技術が必要です。
もちろん通信講座で美味しい茶葉は用意するのですが、その用意された茶葉の中から「これだ!」と見極めて選定した茶葉を用意するという事ができれば、さらに美味しい紅茶になります。
紅茶のプロの視点から見た選定方法マニュアルをしっかり確認し、実際に違いを確認する事で「他の人とは一味違う」プロの技術を習得できます。

紅茶マイスターになるために必要な「紅茶の入れ方」を自宅で極める!

そして、紅茶を作るうえで最もテクニカルな部分といえば「紅茶の淹れ方」。
「お湯の温度は何度が適温?」
「ティーカップは先にあっためておかないとダメなの?」
「茶葉とお湯のバランスは?」
「蒸らす時間はどのくらい?」
と、ポイントは数え出せばきりがありません。

通信講座では、その不安を解消するべく、教材が簡単になっているので何度も見返して確認する事ができます。
簡単教材なので、プロのテクニックを目で確認する事もできますし、間の取り方などもとても勉強になるかと思います。

憧れた夢の生活はもう目の前にあった!

このように通信講座で自宅で気軽に学習する事で、

・日本安全食料料理協会認定「紅茶マイスター認定試験」
・日本安全食料料理協会認定「紅茶アドバイザー認定試験」

に合格できる基礎的な学力が身につきます。
この資格があればプロとしての実力は保障されたようなもの。
実際に多くの受講生が試験に合格し、資格を取得しています。

また、資格を手に入れるだけではなく、実際に紅茶のプロとして専門店をオープンしたり、経営している飲食店に食後のカフェスペースをオープンしたりといった事も実現する事ができます。
本場のアフタヌーンティーを楽しめる場所と仲間ができれば、人生はより豊かで楽しいものになります。

「憧れの生活を自宅で手に入れる。」

夢への実現に向けて、まずは資料請求で雰囲気を掴んでみるといいのではないでしょうか。
紅茶  紅茶

資格通信教育ランキング

PAGE TOP