紅茶

紅茶マイスター認定試験口コミ評判

Fortnum & Mason(フォートナム・アンド・メイソン)やMARIAGE FRERES(マリアージュ フレール)、TWG、Harrods(ハロッズ)などなどおしゃれ女子の憧れの場所ティールーム。香り豊かな紅茶とかわいく並ぶ紅茶の缶、おしゃれなティーセットと美味しいお菓子海外にいるような、時間がゆったりと流れるような、そんな素敵な空間がティールームの特徴です。

日本発の紅茶ティールームやカフェもあり、開業したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。紅茶ティールームやカフェ経営には、紅茶好きの趣味を超えたより深い知識が必要になってきます。

茶葉の色、味、香りで、バランスの良い茶葉を選んだり、お客様にあったブレンドをしたり、ふさわしいティーセットを選んだり、物件を選んだりと、センスとともに専門的な知識が必要になってきます。

紅茶の種類やテイスティング、入れ方の基礎的な知識は持っているけど開業に向けさらにスキルアップしたい方におすすめなのが「紅茶マイスター認定試験」です。独立して自分で紅茶のお店を開きたい、またもっと知識を深めて今の仕事に活かしたいたいという方たちに支持されている資格試験です。

「紅茶マイスター認定試験」とは?

「紅茶マイスター認定試験」とは「日本安全食料料理協会」が主宰している試験です。2か月に1回開催されていて、インターネットで申し込み、自宅で受験することができます。期間内に解答を返送しますので、焦らずじっくり考えながら受験することができます。日本全国どこからでも受けられ、開催数も多いので、すでにお店を持っている方や忙しい社会人でこれから開業したいと考えている方にもスケジュールの合わせやすいので人気の試験です。
日本安全食料料理協会の説明によると紅茶マイスター認定試験は、紅茶オーナーの知識と、それを実務で活用できる技能を有していることを認定する試験です。

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

※内容は、下記の紅茶に関係した知識が問われます。

マーケティングの基礎知識 開業、運営の基礎知識 商品とサービス

マーケティング戦略 ティールームの企画と計画 ティールームの内装・設備

資格を取るとどう仕事に活かせるの?

老舗から新しいものまで、いまやカフェやティールームの市場は激戦区といえます。
漠然に開業と考えて始めても成功して生き残れるものではありません。お客様の日々変化するニーズにどう対応していくか、資金をどう遣り繰りしていくか「運営の基礎知識」が絶対に必要になります。
また、美味しい紅茶をただ提供するだけでなく、口コミなどで人気が上がったり下がったりするので、お客様に喜ばれるような「商品とサービス」を常に追求する姿勢が大切です。
それには商品戦略、広告戦略や差別化戦略、コミュニケーション戦略などの「マーケティング戦略」の知識が不可欠です。
「ティールームの企画と計画」も大変重要です。成功しているオーナーはビジョンがはっきりとしていて、雰囲気も楽しみにくるお客様のために「ティールームの内装・設備」にもこだわります。家具からトイレ、絵画、照明器具、電気スイッチに至るまで時代設定をするオーナーもいるようです。
将来的に紅茶のお店やカフェの経営を考えている人にとって、必須の知識が「紅茶マイスター認定試験」の受験により得れることがわかります。

まとめ

もちろん日本で人気の紅茶ティールーム開業にこの資格は役立ちますが、全英トップティープレースに選ばれたティールームは日本人が経営しているものもあるそうです。海外で、ティールームを経営することも夢ではないかもしれません!
ティールーム経営の専門的な知識をお仕事に活かせるので、紅茶好きな人、紅茶に関わる仕事に就いている人、ティールーム経営を考えている人には、「紅茶マイスター認定試験」で資格取得がオススメです!
紅茶  紅茶

資格通信教育ランキング

PAGE TOP