紅茶

紅茶資格ランキング

世界の茶生産量が増加を続けるなかで日本でも和紅茶として品質の高い国産紅茶を精算しようという気運が高まってきています。紅茶の効能として健康に作用するものもありその世界中消費されるお茶の約8割が紅茶という調査もあります。そこで今回はそんな魅力的な紅茶に関する資格についてどんな資格があり、どのような資格が人気を集めているのかランキング形式でお伝えします。

1位 紅茶アドバイザー

日本安全食料料理協会が主催する「紅茶アドバイザー」は、茶葉やそのブレンドの仕方、あるいは紅茶の淹れ方まで紅茶に関する幅広い知識を有する方に与えられ得る資格になります。この資格の取得を目指すことにより紅茶に関する基礎知識をほぼ網羅することができ、いままで何気に飲んでいたこう紅茶の世界が一気に広がりを見せることになります。趣味で紅茶を楽しみたいという方に特に人気の資格になります。紅茶アドバイザー資格認定試験の案内

2位 紅茶マイスター

日本安全食料料理協会が主催する「紅茶マイスター」は、紅茶オーナーとして紅茶や経営に関して幅広い知識を有する方に与えられる資格になります。紅茶に関する注目度合が年々増加する中で紅茶を扱うレストランやちょっとしたカフェをオープンしようと考えるかたも増えてきています。そういった方は、はじめの一歩としてこの資格を取り知識を深め自信をつけるにはもってこいの資格になります。紅茶マイスター資格認定試験の案内

3位 ティーインストラクター

日本紅茶協会が主催する「ティーインストラクター」は、ジュニア、シニア、マスターと段階別にそのレベルがわかれています。マスターを取るためには紅茶業界の活動を10年以上行わなければならないなどかなりハードルの高い資格になります。しかし、紅茶を究めたいあるいは、紅茶に関してビジネス展開をお考えのかたにとっては自分のレベルの点検の意味も込めてお勧めの資格になります。まずはジュニア取得を目指され自分にあっているかどうかを試されるのも良いかもしれません。

4位 紅茶コーディネーター

日本創芸学院が主催する「紅茶コーディネーター」は、茶葉や淹れ方などの紅茶に関する知識や技術だけではなく、紅茶に合うお菓子やパーティの開き方まで紅茶に関して総合的な知識と技術を有する方に与えられる資格になります。趣味としての紅茶を究め、自宅でホームパーティなどを開きたい方や、お菓子作りに興味がある方にもおすすめの資格になります。また、将来的に紅茶を扱うカフェをオープンさせたいと考えている方にもその入口としては最適の資格になります。

5位 ティーコーディネーター

リプトンが主催する「ティーコーディネーター」は、紅茶に関する正しい知識を習得した方に認定される資格になります。ティーコーディネーターの資格認定に至るまでにはクベーシッククラスとサーティフィケートクラスにおける単位を取得する必要があります。取得にいたるまで比較的時間が必要ですが、ある意味で段階を追い紅茶に関して学ぶことが可能なのでゆっくりじっくり学びたい方にはお勧めの資格です。また、コース受講により単位取得することにより認定される資格なので趣味の領域でしっかりじっくり学びたい方にはもってこいの資格になります。

6位 ティースペシャリスト

日本能力開発推進協会が主催する「ティースペシャリスト」は、紅茶の茶葉や産地の知識や、各種紅茶の淹れ方などの技術を一定レベルで有している方に与えられる資格になります。認定の教育期間のカリキュラムをすべて終了したあとに受験資格が得られます。カリキュラムは紅茶をこよなく愛する方は、この資格取得で紅茶の世界に対する幅を広めることができる内容になっており、そういった方にお勧めの資格になります。
紅茶  紅茶

資格通信教育ランキング

PAGE TOP