日本茶

緑茶インストラクター口コミ評判

お茶と一言で言っても日本茶、抹茶、ウーロン茶、など様々な種類があり、お茶の本元である中国へ行くとその種類は更に多くの物が一般の人々に知られ、愛飲されています。その中でも緑茶は日常的に日本でも好んで飲まれるほか、仕事先などでも振る舞われる事が多いでしょう。
せっかくならば緑茶に関する知識を身に付け、飲んだ人が美味しいと笑顔になってもらえるような美味しいお茶を入れてみたいと思いませんか。茶道具や茶の種類&名称など色んな緑茶に関する事を学び、緑茶のエキスパートと呼ばれるにふさわしい資格の一つである緑茶インストラクター認定試験をご紹介したいと思います。

資格を取るには

緑茶インストラクターの資格を取得するにはJIA日本インストラクター協会が主催する緑茶インストラクター認定試験に合格しなくてはなりません。そこで、この章では受験に関するプロセスをお話させて頂きたいと思います。JIA日本インストラクター協会の専用ホームページより、緑茶インストラクター認定試験専用ページへ移動します。専用ページ内には受験申し込みのボタンが設置されていますので、そこをクリックすると、受験申し込み専用ページが開きます。
受験申し込み専用ページ内には受験に必要な情報を記載するフォーマットが用意されていますので、そちらに必要事項を記入し、内容を送信すると後日受験に必要な書類が郵送で送られてきます。受験期間内に同封されている解答用紙に回答を記入し、郵送にて返信を行うと、おおよそ1か月程度で合否結果が分かるようになっています。試験問題の70%以上の問題をクリアする事で資格を取得する事ができます。

受験に嬉しい環境

試験申し込みがインターネットで出来ます。受験は試験期間5日間の間であれば時間や場所を気にせず自由に試験を開始する事ができる在宅受験なので、会場まで交通費を支払って出向く必要もありません。小さなお子様や介護を必要としている家族を抱えている方、平日仕事で忙しい方でも気軽に試験にチャレンジする事ができます。

受験対策は通信講座で万全に!

緑茶インストラクターの認定資格は出題範囲が広く、独学で取得するには試験対象範囲が広く、効率よく学ぶことが出来ません。そこでお勧めしたいのがアーキテクトラーニングの通信講座です。全くの知識が無い方でもスムーズに学んでいける様、各章に区切って分かりやすく解説。また、途中で添削などを受けられるため、受験対策も万全にして試験に挑む事ができます。
更に、1度の受験対策で最短2ヶ月で2種類の資格を取得できるW資格取得講座も用意されています。JSFCA日本安全食料料理協会が主催している日本茶セレクターと、JIA日本インストラクター協会の主催する緑茶インストラクターの2資格を通信講座によって効率よく取得可能!日本茶などの関連職種に従事されている方、仕事でお茶を振る舞う機会が多い方にも身に付けて損は無い知識を短期間で学べます。

口コミ評判をご紹介

緑茶インストラクター認定試験は多くの方が注目している資格の一つで、既に資格を取得された多くの方の口コミを集めてみましたので参考のためにご紹介させて頂きます。
■日本茶セレクターの資格を知っていましたので、通信講座を受講する際に緑茶インストラクターの資格も取れるコースを選びました。どちらも内容的に勉強し易かったので比較的早く資格取得が実現しました。
■お茶ってうるさい人は味にこだわりを持っているので、事務職の私も上手に淹れたいと思うようになって資格を取りました。ここだけの話ですが、上司から一番おいしいお茶を入れると褒めてもらえてちょっとお茶を入れるのが自信に繋がりました。
■2か月で0の知識で資格取れる?って思っていました。でも、本当にその通り2か月で資格が取れて大満足です。
■お茶の歴史を勉強していた時に文化や生活背景などがお茶には影響を与えて今に至るという事を知り、もっと勉強がしたくて受験しました。
■一つでも何か資格が欲しくて挑戦しました。
これらのほかにもまだまだたくさんの口コミがあります。多くの方がお茶に就いての知識が欲しくて試験に挑戦されています。

現在もまだまだお茶を初対面の人に振る舞う機会が多い緑茶。美味しいお茶を淹れるために必要な知識を学び取り、お茶のスペシャリストを目指してみませんか。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

資格通信教育ランキング

PAGE TOP