カラー

色彩インストラクター認定試験口コミ評判

私たちの目を楽しませてくれる様々な色ですが、色は見て美しいだけでなく沢山の影響があることをご存知でしょうか。私たちに心理的・生理的・感情的・文化的影響を与えます。例えば、赤は刺激を与え、青は沈静させるといった生理的効果はよく知られています。また、学習意欲を高める色、元気を出させたり、前向きな気持ちにさせたりする色などもあります。また文化によって色の影響は変ります。例えばアジアでは黄色は「幸せ」や「中立」といったよいイメージがありますが、欧米では「異常」といったイメージを伝えることもあるようです。目の色によっても見える色が微妙に変わってきたりするそうです。

私たちは周りにある色の意味を考えて生活していないかもしれませんが、すべてのものには色があり、例えば服、雑貨、文具、車などは、一つ一つの色の意味や効果を考えて色が選ばれているのです。こうした色彩に関する知識を持ち、各色の特性を活かして配色を決めていくプロがいます。それが「色彩インストラクター」です。

色彩感覚が優れている方やカラフルな世界が好きな方心理学に関心のある方、色彩インストラクターの資格試験へ挑戦してみるのはいかがでしょうか。

「色彩インストラクター認定試験」とは?

色彩インストラクターの資格は、日本インストラクター協会が主宰している「色彩インストラクター認定試験」の取得することができます。2か月に1回偶数月に開催されています。

インターネットで申し込み、送られてきた問題を自宅で解くことができます。提出期限までに解答用紙を送付するという形で受験できる試験です。開催数も多くスケジュールが合わせやすく、自宅で好きな時間に受けれるので忙しい社会人や主婦の方に人気の資格試験となっています。

日本インストラクター協会の説明によると、

色彩インストラクターとは、HSV色空間、HSVカラーモデル、HSBカラーモデル、色相、彩度、明度、色味、色のコントラスト、ハレーション、色覚異常の方に配慮した配色、袋文字、マンセル表色系、オストワルト表色系、日本色研配色体系などを理解したものに授与される資格です。

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

資格を取るとどんな仕事ができるの?

資格取得後は、色彩インストラクターとして様々な業界で働く事が出来ます。独立して自宅やカルチャースクールで色彩コンサルタントとして講習活動を行うことができます。また、色彩の関係する仕事は、幅広いです。ほぼ全ての製造業は色彩アドバイスを必要としています。もちろんデザイン、ファッション関係でも的確なアドバイスを行うことができます。すでに働いている職場で色彩の知識を活かすこともできます。それでスキルアップのために資格取得される方も多いようです。他にも色の知識や効果の知識が役立つのは建築、インテリア業界、美容関係、ネイルサロン、フラワーショップ、報告書や企画書など色を用いる仕事に知識を活かすことができます。また色彩は健康にも影響するそうですので、医療関係の仕事についている方にも役立ちます。

まとめ

色彩インストラクター資格は、人気も知名度も高い資格です。資格取得によって色彩に関する知識がより一層深まったという声を聞きます。今までに無かった色使い、配色などを考えることができるようになります。それによって仕事の幅が広がった方たちもいるようでうす。

色彩の知識を活かし活躍できる場はたくさんあります。歴史のある色彩に関する知識の勉強は奥が深く受験勉強も楽しくすることができます。資格によって得た知識をご自身の生活にも役立てることができます。適切な色選びができ、センスを褒められたとか、色によって生活を豊かにできたという喜びの口コミもあります。色彩インストラクターに関心のある方「色彩インストラクター認定試験」への挑戦をおすすめします!
カラーセラピー  カラーセラピー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP