盆栽

苔玉作りインストラクター口コミ評判

どんな資格?

この資格は苔玉作りインストラクターとして、苔玉の作り方、苔玉を作る際に使う道具の種類と使い方などの知識を有している方に認定されます。
資格を取得した後は自宅やスクールで講師活動も可能になります。

そもそも「苔玉」とは?

苔玉は盆栽と似ていますが、どちらかというと観葉植物と似たジャンルにあり、室内鑑賞(場合によっては屋外)を楽しむ植物です。

基本的なつくりは、粘り気のあるケト土などをこねて土台を作り、そこに土を入れ植物を植えこみ周りに苔を貼り付ける形になります。
完成したものを通販や専門ショップで購入することもできますが、制作が比較的簡単なので自分好みの苔玉を作る方も多いです。
今では100円ショップで苔玉本体が売っているので、そこに土を入れ好きな花を挿して飾ることできます。自分で作ると一層愛着も湧きますのでぜ興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

気になる試験内容

苔玉作りインストラクター認定試験では、このような内容が出題されます。

・季節ごとに最適な苔玉の置き場所
・苔玉に使用する肥料の知識
・苔玉や盆栽に最適な樹種の特徴や手入れ、管理場所の知識 etc…

等の知識が必要となります。趣味の範囲で苔玉を作っていただけであれば少し厳しい試験かもしれません。

認定試験の申し込み方法

苔玉作りインストラクター認定試験は「日本インストラクター協会」が主催しています。
この協会は教える力を中心に、その技術があると認定してくれる協会で、他に「家庭菜園インストラクター」や「歩き方インストラクター」認定試験などが開催されています。

協会のホームページがあり、そこから申し込むので全国どこからでも受験が可能です。受験する際に必要な経歴・資格などは一切ありません。
受験場所はもちろん自宅。試験期間は5日間なので緊張せず安心して取り組めます。答案を提出して、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後です。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

苔玉を通信講座で習おう!

今では盆栽や苔玉についても通信講座だけで資格を取得することができるのですね。
雑誌などのメディアに掲載されている「諒設計アーキテクトラーニング」スクールという名をご存知でしょうか。
ここで開催している講座の一つで「盆栽クリエイターW資格取得講座」があります。この講座は未経験者・初心者対応の教材で1から本格的に学べると評判です。

苔玉のみ!というわけにはいかないのですが、このスペシャル講座を卒業すると上記の認定試験が免除され、二つの資格を同時に取得することができます。
一つはもちろん苔玉作りインストラクター、もう一つは日本デザインプランナー協会主催の「盆栽クリエイター」を取得できます。

今から始めて見たいけど何から勉強していいかわからないというかたは、このような通信教育に頼ってみてはいかがでしょう。趣味にお金を使うことは幸せなことです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、少しでも苔玉作りインストラクターに興味を持っていただければ幸いです。
盆栽資格  盆栽資格

資格通信教育ランキング

PAGE TOP