野菜資格人気ランキング

私達が健康的な食生活を送るためには野菜の摂取は必要不可欠です。しかし健康的な食生活を送るためには効率良く野菜を摂取する必要があります。今回ご紹介する野菜資格を取得すれば学習している段階で野菜に対する詳しい知識が身に付きますので、自分だけでなく家族や周囲の人達に野菜を取り入れた健康的な食生活を提供できるようになります。

 

1位オーガニック野菜ソムリエ

オーガニック野菜ソムリエは日本安全食料料理協会が主催しています。

オーガニック野菜ソムリエの資格保持者は野菜に関するあらゆる知識を持ち合わせていることが証明されます。例えば野菜の種類・レシピ・保存方法・栄養価・産地・採れる季節などがあります。

特に日本の野菜は季節ごとに採れる種類が違ってそれぞれの特徴を活かした料理を作る風習があるので季節を意識した野菜の知識は試験を受ける上で必要不可欠となります。

オーガニック野菜ソムリエの試験は年に6回偶数月に開催されます。受験料は10,000円でインターネットによる申し込みで在宅受験となります。試験全体の70%以上の正答率で合格です。

 

2位健康野菜の育て方インストラクター

健康野菜の育て方インストラクターは日本インストラクター技術協会が主催しています。

こちらの資格は主に野菜の育て方・栄養素・野菜に合う食材に関する知識が求められます。日本は季節ごとに採れる野菜の種類がたくさんあるので、健康野菜の育て方インストラクターはそれらの種類や栽培方法や穀物・豆類等との合わせ方などに精通していることを証明出来ます。

健康野菜の育て方インストラクターになると講師活動が出来るようになるので個人で野菜の育て方をレクチャーする教室を開けるようになります。

健康野菜の育て方インストラクターの試験は年に6回偶数月に開催されます。受験料は10,000円でインターネットによる申し込みで在宅受験となります。試験全体の70%以上の正答率で合格です。

 

3位野菜ソムリエ

野菜ソムリエは日本野菜ソムリエ協会が主催しています。

野菜ソムリエは農家が育てた野菜を美味しく健康的に食べられるように消費者の毎日の食生活に取り入れらるように提案するという使命があります。野菜ソムリエはセミナーや執筆活動、あるいは野菜を使ったレシピの提案など様々な方面から野菜の魅力と特徴について発信しています。

そのため野菜ソムリエは野菜の目利き・栄養面・調理方法などの知識に精通している必要があります。野菜ソムリエになるためには日本野菜ソムリエ協会が主催するセミナーを受講する方法が有効です。セミナーでは野菜の品種や栄養面などを学ぶだけでなく、その野菜にはどんな魅力があるのか?如何にして野菜の魅力を伝えるか?という表現力を養うカリキュラムもあります。

セミナーは1コース2時間×7科目あり、全ての科目を受講した後に課題提出・修了試験を経て見事合格すると野菜ソムリエの資格を取得できます。

 

4位野菜コーディネーター

野菜コーディネーターは一般社団法人 ホールフード協会が主催する資格です。

野菜コーディネーターには栄養価が高くて美味しい野菜の美味しい食べ方をもっと世間に浸透させるために野菜の知識を身に着けて自身あるいは周囲の人達の食生活を健康的なものにしたり、世に発信するというコンセプトがあります。

野菜コーディネーターは通信講座を受けることで取得できます。講座では野菜の種類や栄養価について学んで季節に合わせたレシピや健康・美容面に考慮した野菜の選び方が出来るようになることを目指します。

野菜コーディネーターの講座で使用するテキストはテレビや雑誌で有名なタカコナカムラ先生が監修したもので、DVD教材の中には実際に先生が出演しています。全ての講座を修了すると野菜コーディネーターを取得できます。

 

5位ベジタブル&フルーツアドバイザー資格

ベジタブル&フルーツアドバイザー資格は日本能力開発推進協会が主催しています。

ベジタブル&フルーツアドバイザーには野菜・果物の種類・産地・栄養価・調理方法や保存方法など野菜と果物に関するあらゆる知識が求められます。ベジタブル&フルーツアドバイザーは美容・健康関連の知識も身に付きますので飲食関連の人達だけでなく美容業界、医療、福祉関係の人達も取得を目指す傾向にあります。

ベジタブル&フルーツアドバイザーを取得するためには認定講座を受講します。通信講座なので誰でも受講する事が出来ます。全ての科目修了後に試験を受けて見事合格するとベジタブル&フルーツアドバイザーの資格を取得できます。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP