デッサン

鉛筆デッサンマスター認定試験口コミ評判

写真だと思い近づくと、鉛筆で描かれた絵だった!そんな衝撃的で芸術的な技巧が少し前にネットで話題となりましたが、みなさんも鉛筆デッサンを目にしたことはありますか? ネットで、美術館で、または似顔絵で、インテリアショップで、建築関係の完成説明図として、などなどいろいろな場所で見たことがあるかもしれません。

鉛筆1本で人間の毛から動物の毛まで一本一本が本物のように描かれていたり、陰影を使ったりして立体的に描く事ができ、その技は本当に美しく目を見張るものがあります。カラーのものとはまた一味違った味わいがあり、奥深い世界は大変人気があります。

鉛筆だけで始めることができるということで、趣味として始めたいと思われる方も多くいるようです。

人気の鉛筆デッサンですが、目の前にあるものをわかりやすく描くのは難しく、美しい鉛筆デッサンをするにはデッサンに関する知識や技術を身に付ける必要があります。美術の学校では絵の基礎力を身につけるため石膏デッサン人物デッサンや静物デッサンなど様々な対象を徹底的にデッサンするそうです。

そうした鉛筆デッサンのプロであることを認定される「鉛筆デッサンマスター」という資格があります。

鉛筆デッサンを本格的に学びたい方、鉛筆デッサンを用いた仕事をしたい方におすすめの資格です。

「鉛筆デッサンマスター認定試験」とは?

鉛筆デッサンマスター認定試験とは、デザイン技術関係の認定を行う日本デザインプランナー協会が主宰している試験です。2か月に1回偶数月に開催されていて、自宅で受験し、回答を返送するという形でうける試験です。開催数が多く自宅で受けられるので、忙しい方でもスケジュールを合わせやすく、自宅で受けれるので集中して受けることができ人気の資格試験です。

日本デザインプランナー協会の説明によると、

デッサンの理論や技術を理解し、様々な対象を描く技法をマスターした人に与えられる資格です。

受験資格 特になし

受験料 10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

※内容は下記項目についての知識が求められます。

・デッサンについて,デッサンの用具

・材料について,デッサンの基本要素,鉛筆,木炭,その他の描画材料,消し具,ぼかし用具,計測用具,支持体(デッサン用紙),その他の用具

・基本モチーフ(石膏像),線,調子と質感,描く位置と姿勢,エスキース,ウォーミングアップ

・プロポーション,光と影,実践1/カップを描く
資格を取るとどんな仕事ができるの?
鉛筆デッサンマスターの資格取得者は、目の前にある物を、または頭の中で描いたイメージをすぐに絵としてデッサンできる知識と技術があります。相手によりわかりやすく説明することのできる鉛筆デッサンの技術はファッションやインテリア、建築関連の業界でも求められています。資格取得者の中にはアパレルメーカー、ファッションメーカー、インテリアメーカー、建築関係、製造業で活躍されています。またアニメーションやイラストレーターとして働かれている方も多くいらっしゃいます。
鉛筆デッサンで展覧会を開いたり、作品を販売したりすることもできます。人気のカルチャースクールや自宅で講師として活動することもできます。
まとめ
資格取得者は男性6割女性4割で、男性にも人気のある資格となっているようです。即興でイラストやイメージ画を描けるようになり、様々な業界で働いている方にとって資格取得はスキルアップにつながり、相手により分かりやすく説明できるようになったという喜びの声を聞きます。趣味としても奥が深いので人生が豊かになったという方もいらっしゃるようです。美しい鉛筆デッサンの世界に興味のある方、鉛筆デッサンのプロとして仕事がしたい方、鉛筆デッサンの楽しさを広げる講師活動をしたい方、「鉛筆デッサンマスター認定試験」への挑戦をおすすめします!
デッサン  デッサン

資格通信教育ランキング

PAGE TOP