shikakutoru

需要のある資格ランキング

自分のスキルを高め、自分という価値をあげるために資格を取るのはいいことです。しかし、その取得した資格に対して需要がなければ勿体ないですようね。せっかくとる資格ならその資格を活かしたことをすべきです。そこで、数ある資格のなかで需要のある資格についてランキング形式でお伝えしていきます。

1位 収納マイスター

日本生活支援環境協会が主催する「収納マイスター」は、整理方法や収納方法についての知識と技術を有している方に与えられる資格になります。最近よくメディアなどで片づけられない人が取り上げられています。同時に片づけられないことによる問題が表面化してきておりその認識が広まってきています。片づけできない人の多くは片づけ方法がわからい場合が多く、収納マイスターはそういった方達のサポートをする資格になります。時代の要請に応じ収納マイスターへの需要は今後ますます増えていくものと考えられます。

2位 安眠インストラクター

日本インストラクター協会が主催する「安眠インストラクター」は、眠りに関する幅広い知識を有し、眠りを妨げる心理的要因や環境要因を取り除きながら快適な眠りを教えることができる人に与えられる資格になります。ある調査によると自分は不眠症だと答える人の割合が20パーセントにまで達しており安眠を求める方は年々増加傾向にあります。また、睡眠は人生の3分の1を占めるともいわれ、今後も眠りへの快適を求めるかたは増加傾向をたどるものと推測されます。

3位 POPライターインストラクター

日本インストラクター協会が主催する「POPインストラクター」は、ビジネスデザインに関する幅広い知識と有効で効果的なPOP広告を作成する技術を有する方に認定される資格になります。POP広告はスポットで商品を販売したい場合や商品に対するちょっとした想いなどを伝えたい場合に良く使われる手法になります。多くのショップやレストランでPOP広告が採用されている状況を鑑みると、POP広告に関する知識を伝えるこの資格は需要にあふれていると考えられます。

4位 インテリアアドバイザー

日本デザインプランナー協会が主催する「インテリアアドバイザー認定試験」は、インテリアに関する幅広い知識と技術を有している方に与えられる資格になります。住環境の多様性のなかで魅力的な空間を作り出すためにインテリアの重要性が高まってきています。このような状況下で大手メーカーもインテリアに関して店舗内に専門の場所や人を用意するなど、今後もその広がりをみせることが期待できます。このような中、インテリアアドバイザーの需要も一層増えていくことと考えられます。

5位 コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)

日本安全食料料理協会が主催する「コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)認定試験」は、コーヒーに関して、豆、産地、淹れ方など幅広い知識と技術を有する方に与えられる資格になります。国民一人当たりのコーヒーを飲む杯数が増えるなか、コーヒーに関する仕事も新たな創出が見られることとなります。単にコーヒーを販売するだけではなく、コーヒーにまつわるエピソードやストーリーを語れる人材が今後は求められることとなるでしょう。

資格通信教育ランキング

PAGE TOP