音楽

音楽療法インストラクター認定試験口コミ評判

音楽療法をご存知でしょうか?音楽療法は脳を活性化させ、かつ気持ちを落ち着かせるリラクゼーション効果が非常に高いため、様々な現場で取り入れられています。例えば音楽は、「記憶の扉を開ける鍵」とも言われ、若いころの記憶をよみがえらせることが脳の活性化に役立つということで、認知症患者のリハビリ現場でも用いられています。医療や福祉、勉強や運動の集中力を上げる現場でも注目の音楽療法ですが、実際どんな音楽が適切なのでしょうか。どのように用いることができるのでしょうか。そうした音楽療法を適切にアドバイスできるのが音楽療法インストラクターです。音楽療法には楽器演奏やコーラス、作詞作曲などの指導から、音楽を聴くことで心身をリラックスさせ、機能を活性化させる方法があります。音楽の効果に関心がある方、心理カウンセラーや医療、福祉に関心がある方や携わっている方にオススメの資格です。「音楽療法インストラクター認定試験」により資格取得に挑戦できます。

「音楽療法インストラクター認定試験」とは?

「音楽療法インストラクター認定試験」とは、教える力を中心とした技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する「日本インストラクター協会」が主宰している試験です。2か月に1回、偶数月に開催されていて、インターネットで申し込み、自宅で受験し、提出期限までに回答を返送する試験です。試験期間も5日間ほどあり自宅でゆっくりと好きな時間に受験できるので、忙しい方にも人気の試験です。

日本インストラクター協会の説明によると、

【音楽療法インストラクター認定試験】

音楽療法インストラクターとは、普段の生活の中で感じる、音楽の歴史、効果などの様々な知識を習得し、ライフスタイルの中における音楽の役割、重要性を考え、空間における音楽の考え方、利用方法を身に着けたと認定された人に付与される資格です。

受験資格 特になし

受験料     10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

合格基準    70%以上の評価

※下記の音楽療法に関係した知識が問われます。

・音楽療法とQOL、QOL の研究、QOLと医療、QOLと音楽療法、QOLに音楽をどのように用いるか等

・調整的音楽療法(RMT)、イメージ誘導法(GIM)、分析的音楽療法(AMT)、行動的音楽療法、人間主義的音楽療法、等

・音楽療法の対象、目的、個人音楽療法と集団音楽療法、心理療法としての音楽療法、精神療法的音楽療法と訓練的音楽療法、能動的音楽療法と受動的音楽療法、等

・子どもの音楽療法、治療法、注意点、親の心のケア、成人の音楽療法、統合失調症、神経症、心身症、成人に対するその他の音楽療法、高齢者の音楽療法、認知症、等

・ホスピスでの音楽療法、リハビリテーション、等

音楽療法に携わるには、音楽療法に携わるための段階、音楽療法に必要なこと、音楽療法の活動、音楽療法の活動場所、音楽健康法、音楽療法と保険

資格を取るとどんな仕事ができるの?

音楽療法インストラクターとして独立開業できます。また、カルチャースクールやセミナーでの講師活動を行うために必要な資格になります。福祉施設や介護施設などで音楽療法の提案や実施を行うことが出来ます。また医療の現場、緩和ケアなどでも役立てることが出来ます。発達障害や不登校などに悩む子供たちの学習支援の場でも役立てることが出来ます。学力や身体能力の発達のためにも効果的なため、塾、企業やアスリートを育成する現場でも役立てることが出来ます。既にそうした仕事についている方にはスキルアップにつながりますし、これから就職する方には大きな強みになる資格になるそうです。

まとめ

普段の生活の中でも体験している音楽の力に療法インストラクターの資格取得により、普段の生活でも、家、オフィスなど、さまざまな空間で、音楽を用いて落ち着いた空間をつくることができる方法を取得することができます。お客様や患者様の緊張の緩和や、集中力潜在能力の向上の手助けができるだけでなく、自身や家族の日常生活にも音楽療法を上手に取り入れ心身共にバランスの良い毎日を送れるようになったという喜びの声もありま。ぜひあなたも「音楽療法インストラクター認定試験」を受験して資格を取得しませんか!
音楽療法  音楽療法

資格通信教育ランキング

PAGE TOP