食用オイル

食用油アドバイザー口コミ評判

三大栄養素の一つ、脂質を思いのままに

食用油アドバイザーとは、様々な食用油に関する知識を有し、その知識を基に求める健康効果や美容効果に応じたオイルをセレクトすることができる技術がある人に認定される資格です。
この資格を取るためには、相談者が求める健康効果や美容効果を持つオイルを的確に選択する知識や、栄養素などに関しても深い理解があること。
また、オイルに合わせたレシピや使い方などや効率的な摂取方法に関しても深い知識を有していることも必要となります。
資格を取得した後は自宅やスクールで講師活動も可能になります。

食用油アドバイザー認定試験の受験方法

この試験は、教えることを中心としたスキルを認定する「日本インストラクター協会」という団体が開催しています。
他に「エクステリア心理アドバイザー」や「ホロスコープインストラクター」など41種類の認定試験を開催しています。

食用油アドバイザーの試験はホームページからの申し込みのため、全国どこからでも受験することができ、試験会場も自宅のため落ち着いて実力を出し切ることができます。
5日間の試験期間を終えたら答案を提出します。合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

そして合格することができたら協会のホームページから合格認定書や合格認定カードを発行することができます(有料)
お金は掛かってしまいますが、せっかく取得した資格を形に残しておくことは何よりの証明になりますので大事だと思います。

食用オイルに分類されるもの

オリーブオイルやココナッツオイルなど一度は耳にしたことがあるものから、紅花油・アボカドオイルなど少し珍しいものまで、食用オイルは実に多くの種類があります。
しかし油は油ですから、摂りすぎても体に悪影響がでます。特にリノール酸に分類されるもの、サラダ油やごま油などは摂りすぎたらコレステロール過多になりますので注意しましょう。

油だからと言って摂取した分だけ太るわけではないのです。自分の身体に合ったものを選べば逆にダイエット効果が期待されますので、まずは油ごとの違いを熟知することが大切です。

試験に合格した方の口コミ

「調理関係の資格を探している時にこの資格を見つけました。食用オイルというとどんなものかピンときませんでしたが、少し勉強していくうちに人間の身体を動かす大事な栄養素の一つだとわかりました。
どのように料理混ぜ込むだとか、そのまま飲んでも効果的なオイルなども理解できるようになったので、試験は少し大変だったけれど勉強したことが日常生活で使えるのでとても学んでいて楽しかったです。
資格も取れたので、就職活動に役立てたいと思います」

食用オイルを効果的に摂取する方法など、なかなかかかわらない人は知らないことが多いので、是非正しい知識がある方に使い方を広めてほしいです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。食用油は三大栄養素の一つである脂質そのものなので、多くの人々に知っていただきたいです。
この記事を読んでいただいて、少しでも食用油アドバイザーに興味を持っていただければ幸いです。
食用オイル  食用オイル

資格通信教育ランキング

PAGE TOP