食育

食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

食育健康アドバイザーという仕事は、非常に幅広く、学習するのはかなり大変です。食育とは平成制17年に施行された、食育基本法に基づき、日常の食事の栄養学、調理からしつけ、マナーや食糧の重要性などを学ぶ総合的な食の基本法です。健康的な食事や、栄養を気にした自宅での自炊に限らず、食品の選び方や適切で無駄のない調理や、食料の大切さを幼児教育から行おうとするものですね。実際に調理師やキッチンスクール講師以外でも、一般家庭の食事やマナーにもう応用できる非常に幅が広いものです。国が制定して既に10年以上経過していますが、なかなか周知、認知度が一般的には低く、壱日の健康的な食事さえすれば良いといった、比較的曖昧な認識しか無いのが現状と言えます。

食育健康アドバイザー認定試験とは

食品健康アドバイザー認定試験とは、日本安全食料料理協会が行う、民間資格の認定試験です。受験資格は特に必要なく、年齢、性別や実務経験の有無は問いません。日本安全食料健康協会(JSFCA)の公式ホームぺージからインターネットを通じて申し込み、受験票と試験問題と解答用紙を送付してもらい、自宅で気軽に行えます。受験料は、宅配で送られてくる代引きの小包の代金と兼用で、後は公式ページに指定された試験スケージュールを確認して、解答用紙を送り返し、合否を確認します。支払いはクレジットカードが使え、申し込み・受け付けは常時です。ただし合格するためには、幅広い知識が必要となる筆記試験ですので、事前の学習はある程度期間が必要です。

認定試験を受けるには

調理師免許を受ける程度の専門学習は必要ありませんが、国が法に基づき制定した「食育」ですので、出来れば食育に関するスクールなどでの受講は、1度はしておく必要があるでしょう。食育の概要、学ぶべき分野やマナーや栄養学やある程度の調理法など、家事でも料理や外食で正式なマナーや衛生学について、多少の知識が無い方は、まずは専門スクールがお奨めです。試験内容は筆記試験ですが、一通りの知識さえあれば、後は自宅での試験ですから、難易度はそれほど高くありません。しかしながら、分野が広い事、食育の周知がまだあまり一般的ではない事から、独学はかなり厳しい場合があるかもしれません。

合格するには

食品健康アドバイザー認定試験をうけるためには、まず基本である「食育基本法」の総合理解が必要です。その法律の概要を理解し、調理技術の基礎で、和食、中華料理、西洋料理の基礎から始まります。それに加え、食育3本柱と呼ばれる、「安心・安全・健康の選食能力」、「衣食住の伝承としつけ、家族のだんらん」、「食糧問題とエコロジー」といった理解です。対象は幼児教育から、子供の成長過程における家庭教育の全般に及びます。また現代社会の食生活の理解や、ある程度の統計の知識もあった方が良いでしょう。

認定試験に向かって

認定試験を受けるにあたって、まず試験を受ける人は調理技術がある程度身についており、加えて日本の食文化、しつけ、そして外食などの正式なマナーなどを身に着けていることは最初の前提となります。その上で、今度は知識として食事のバランスや、食生活の認識、そして家族と食事などの概念など、詳しく学ぶイメージですね。食育健康アドバイザー認定試験は、実技などは試験に含まれない知識を問う試験ですが、調理の経験が少なくともあり、家事などの経験も無い場合は少々ハードルが高いです。短期でも良いので、食育に関する専門スクール受講は考える方が、合格には近道かもしれません。

合格後の活躍

食品健康アドバイザーとして単独での職業は、今はあまり無いですが、介護現場の管理栄養士や、学校や施設での栄養士、あるいは外食産業の調理師などでは、持つべき資格の一つです。また幼児教育現場である、幼稚園、保育園での保育士は少なくとも、最低限要求される資格となるのは間違いありません。料理教室や、カルチャースクールの講師を目指すのなら、この食品健康アドバイザーは資格所得は、とっておいてまず損をすることは無いでしょう。
食育  食育

資格通信教育ランキング

PAGE TOP