食育

食育資格人気ランキング

1位 食育健康アドバイザー

日本安全食料料理協会(JSFCA)が行っている認定資格。食育の基本的な知識を有していることを認定されます。受験資格は特になくて、インターネットから申し込みができます。食育基本法や諸外国の食育に対する取り組み、食育と生活習慣病との関連性に関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。資格試験は2か月に1回行っており、試験は家で受ける在宅試験です。資格習得後はアドバイザーとしての活動をしたり、自宅で料理教室などの講師活動をしたりと幅広いです。

2位 管理健康栄養インストラクター

日本インストラクター協会(JIA)が行っている認定資格。受験資格は特になく、インターネットから申し込みができます。栄養素に関する知識、腸内細菌が身体に及ぼす働きなどの知識を有していることを認定されます。ビタミンやたんぱく質など、各栄養素を含む食材への知識や食品表示の見方などや食品に関する理解度を証明する資格です。一般的な資格とは異なり、講師向けの資格内容になっていますので、自身が持つ管理健康栄養の知識を人にアドバイスしたいと考えている方に合うかもしれません。資格習得の難易度は低いものの、体内に取り組んだ栄養が持つ働きなどスポーツインストラクターにも近い知識も必要となります。資格習得後は、アドバイザーや講師活動などの仕事の需要も多いです。

3位 食育インストラクター

NPO日本食育インストラクター協会が行っている認定資格。講座は「がくぶん」が行っています。買い物にも役立つ安全な食材の見分け方、食材の上手な保存方法、使い切りのレシピ、子どもを健やかに育てる食習慣・マナーなど、すぐに役立つ食知識が自宅で楽しくマスターできます。NPO日本食育インストラクター協会の理事長はテレビや料理学校でも有名な服部幸應氏。ドラマ仕立てのDVDが教材で、服部幸應氏監修による充実の教材セットなので、正しい食育の知識から食育インストラクターとしての技能まで楽しく正確に学べます。
賛助会員キッコーマン株式会社と共にわかりやすい食育の授業を行っています。食育インストラクターの資格を食育1級~4級、プライマリーと5段階にわけて認定しています。なので、資格を取った後でもその資格を活かしながら、さらに上の級を目指せます。

4位 食育アドバイザー

一般財団法人日本能力開発推進協会「JADP」が認定している資格で特に受講資格はないようです。講座は「キャリアカレッジ」が行っています。受講期間は3カ月でインターネットから申し込みができます。食育健康アドバイザーとして、食育の基本的な知識を有していることが認定されます。食育基本法や諸外国の食育に対する取り組み、食育と生活習慣病との関連性に関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。試験は1年に5回くらい実施しているようです。指定のカリキュラムが修了した後、試験を受けて認定されるという手順です。家族の健康に役立つ資格が欲しい人、食に関する情報発信をしたい人、手軽に資格を取りたい人、人気のある資格が欲しい人、また食育の最初に目指す資格にお勧めです。

5位 食育メニュープランナー

NPO法人みんなの食育が認定している資格。受験資格は特になく誰でも挑戦できます。講座は「ヒューマンアカデミー」が行なっています。指定の通信講座のカリキュラムを修了することによって、試験を受けて合格したら習得できます。年代やその人の体調に合ったメニューを提案、食材を活かして一汁三菜のメニューを自分でプランニングできるかの能力を認定する資格です。食育メニュープランナー養成講座で、永く活用できる健康的な献立の作り方を身につけましょう。食育に関する資格は様々なものがありますが、現時点ではすべて民間の資格になります。これからの資格は食育関連の仕事をするためにどうしても必要なものではありませんが、医療、介護、教育の現場では食育の知識は必要とされています。
食育  食育

資格通信教育ランキング

PAGE TOP