CAD

CADデザインマスター認定試験口コミ評判

CAD(キャド)とは、Computer Aided Designの略語でPCを用いて設計図や図面を描くこと、そのシステムのことを言います。

JWCAD、AUTOCADが用いられており、建築や機械、電気、設備、土木などの業界で設計図を描くときにいまや欠かせないものとなっていて、正確で美しい製図が可能になっています。

そして事務や技術者関係の求人を見ていると最近よく見るのはCADオペレーター求むの求人です。CADオペレーターは設計者の右腕と言われています、設計に関する専門的知識はそんなに求められませんが、打ち合わせの度に変更になる図面を正確に訂正したり、新規に描いたりととても重要な役割を担います。

CADを使っていたけど、即戦力になることを証明するものがない。また、違う業界で働いていたけどCADを使う仕事につきたい!と考えている方にオススメなのが、「CADデザインマスター」の資格取得です!

「CADデザインマスター認定試験」とは?

CADデザインマスター認定試験とは、日本デザインプランナー協会が主宰している試験です。インターネットで2か月に1回偶数月開催されていて、インターネットで申し込み、自宅に受験票問題用紙が届くので自宅で受験し、回答を返送する試験です。たとえば一般に建築関係の試験は会場が遠いとか、年に一回なので気軽に受けられないという声をよく聞きますが、その点で受験しやすい資格となっています。

日本デザインプランナー協会の説明によると、

【CADデザインマスター認定試験】

・世界標準CAD、AUTOCAD、JWCADを使いあらゆる場面(建築・機械・設備・電気・土木)業務の中でより的確に作図能力CAD技術を一定以上のレベルの知識を身につけ、これからの社会の姿を考えられる人材となることを目標とした検定試験です。

受験資格 特になし

受験料     10,000円(消費税込み)

受験申請 インターネットからの申込み

受験方法 在宅受験

合格基準    70%以上の評価

資格を取るとどんな仕事ができるの?

ものづくりに関連していれば「CAD」は必須の技術になっています。建築・土木関連のお仕事だけでなく、自動車、航空機、電気機器といった分野、アパレル業界でもCADは使用されています。「CADデザインマスター」はいろいろな業界で求められている人材です。資格を持っているとお仕事を探すとき大変有利です。また事務職にプラスの技術としてCADの資格をもっているとう人もとても重宝されるそうです。もちろんフリーランスで活動することができます。すでに持っている技術をスキルアップすることができ、職場での評価向上にもつながります。スクール・講座などの講師活動もできますので、CADの技術を教えることをメインにお仕事をしていきたい方にもオススメしたい資格です。

まとめ

CADを使っていたけど、細かい方法についていまさら聞くこともできないでいたときに、資格試験によって重要な技術や新しい技術を学ぶことができたという声や、資格取得したことでクライアントの信頼につながり受注件数が増えたというという声もききます。

また、設計事務所で働く優秀なCADオペレーターの中には独学で学んだ方たちもいます。初めての方でも資格試験に挑戦して活躍の場を広げることができます。CADの技術は海外でも通用します。海外で働きたいと考えている方もこの資格を持っているとより選択肢が広がります。

CADのプロになりたい!とお考えの方、またCADオペレーターの講師になりたいとお考えの方、「CADデザインマスター認定試験」を受験して資格を取得することをオススメします!
CAD通信

資格通信教育ランキング

PAGE TOP