CAD

CAD設計のプロになる。建築デザイナーになりたい人必見の資格を通信講座でゲット!

建築業界をはじめとした、設計業務に使用するソフトといえばCAD。
AUTOCADやJWCADなど、色々なソフトがありますが、使い方こそ異なれど設計をするという点では目的は同じです。
CADを使用した設計は、いろいろな現場で必要とされるスキルです。
これから設計を仕事にしたいという人も、今している仕事をさらに価値の高いものにしたいという人にも需要のあるのがCADです。
CADの資格を取得することで、色々なシーンでの活躍が見込めますが、その資格を取得するのは大変なんじゃないかと思われがちです。
しかし、実はCADの資格は通信講座で取得できるんです。
CADの資格を通信講座で取得することについて紹介します。

CAD初心者でも大丈夫?通信講座のススメ

まず最初に思う疑問は「初心者でも大丈夫?」という点。
CADのことを全然知らないのに資格は難しいのではと考える人がたくさんいます。
しかし、ご安心ください。
通信講座で使用するテキストは全くの初心者から始めることを想定して作られており、手順に沿って学習するだけで資格を取得できるレベルまでの知識を習得することが可能です。
また、動画による設計のプロによるわかりやすい実演や、用意されたサンプルなどで、資格取得までをしっかりサポートしてくれる点もおすすめのポイントです。
自宅で好きな時間に学習することもできるので、自分のペースで進めることができるのも嬉しいポイントです。

資格取得で給与がアップ?資格取得のメリット

初心者ではなく、すでに設計の仕事でCADを使用している方の場合は、資格取得の際の問題の出題傾向を確認することで、より確実に資格を取得できるかと思います。
すでに実力はついていても、資格がないことによって給与が上がらないということがありますが、資格取得によって職能給が支給されることもあり、資格取得による給与アップが見込めます。
能力を正しく評価してもらい、適正な価格の給与をいただくためにも資格を取得することはとてもよいことだと思います。

取得する資格「CADデザインマスター」とは?

通信講座で取得できる資格の「CADデザインマスター」は日本デザインプランナー協会の認定資格です。
資格は世界標準のCAD、AUTOCAD、JWCADを使用して、建築・機械・設備・電気・土木などの業務の中で、質の高い作図能力であるCAD技術、一定レベル以上の知識を身につけることを認定する資格になります。
資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動を行うこともでき、実際の業務だけではなく副業を行う上でも魅力的な資格です。

取得する資格「建築CADインストラクター」とは?

もう一つ取得できる資格が「建築CADインストラクター」。
「建築CADインストラクター」は日本インストラクター協会の認定資格で、CADの記述や知識を教える先生になることができる資格です。
インストラクターとしてCADをスクールなどで教えるということはもちろん、企業研修の一環として講師として企業に招聘される場合もあります。
資格取得によって様々な道が開ける資格になります。
CAD通信

資格通信教育ランキング

PAGE TOP