CAD

CAD資格ランキング

コンピューターの普及により効率性があがり便利な世の中になりました。その中でも劇的に変化したのは設計や図面の分野ではないでしょうか?CADの登場により、今ではCADが使えなければ業界ではやっていけないほどになっています。そこで、数多あるCADに関する資格についてランキング形式でお伝えしていきます。

1位 CADデザインマスター

日本デザインプランナー協会が主催する「CADデザインマスター」は、様々なCADソフトウェアを使いこなし一定レベル以上の作図能力を有する方に認定される資格になります。既に建設業界などで働かれている方にとっては、ご自身のCADレベルをこの認定試験で測ることができます。また、これから建設業界で働こうという方や、就職にあたって資格を持っておきたいという方にとってもオススメの資格になります。
「CADデザインマスター」の試験は2ヶ月に一度行なわれます。受験方法も在宅受験となっていますので、忙しくなかなか時間が取れない方でも比較的容易に隙間時間を活用して資格取得を目指せます。CADデザインマスター資格認定試験の案内

2位 建築CADインストラクター

日本インストラクター協会が主催する「建築CADインストラクター」は、CADを活用して建築設計を行う能力を一定レベル以上有する方に認定される資格になります。建築業界に就職を考えておられる方はこの資格取得を目指すことにより、実務レベルのCAD能力を有することになります。就職においても有利に働くことになりますので、人気の資格となっています。
また、「建築CADインストラクター」も「CADデザインマスター」と同様に試験実施の日程が2月に一度となっており、在宅受験になりますので受験しやすい資格の一つになります。建築CADインストラクター資格認定試験の案内

3位 機械・設備・電気CADインストラクター

日本インストラクター協会が主催する「機械・設備・電気CADインストラクター」は、給排水設備や電気設備についての設計能力を有し、実務においてこれらの設計をCADにおいて行う能力を有する方に認定される資格になります。既にこれらの設計を手掛ける業界で働かれている方はもちろん、まだ実務には携わっていないけれど実務レベルのCAD捜操作能力を有したいという方にも人気の資格となります。
「機械・設備・電気CADインストラクター」も上位の資格と同じように試験実施頻度が多く在宅受験となっておりますので、誰もが目指しやすい資格となっております。
機械・設備・電気CADインストラクター資格認定試験の案内

4位 土木CADインストラクター

日本インストラクター協会が主催する「土木CADインストラクター」は、土木に関わる製図などの知識を理解し、CADにおいてそれらを表現できる実務能力を有する方に認定される資格になります。土木関係で働かれている方はこの資格取得を目指すことにより更なるスキルアップをはかることができます。また、これから土木関係の業種で働くことを希望されている方にとっても、「土木CADインストラクター」を取得することによって就職戦線において有利にはたらくことになります。
この資格も上位の資格と同じように、試験頻度、受験方法ともに受験者に優しい形態をとっていますので、興味がある方は試しに一度受験してみては如何でしょうか。
土木CADインストラクター資格認定試験の案内

5位 CAD利用技術者試験

コンピュータソフトウェア協会が主催する「CAD利用技術者試験」は、CADに関する幅広い知識と実務で通用するレベルの技術を有する方に認定される資格になります。この資格試験は2級と1級の区分があり、1級受験にあたっては2級の合格が必要となります。そのため1級資格取得は高レベルの知識と技術が要求されることになります。しかし。専門性をもってCADを使いこなして行きたいと考えている方には人気の資格となります。

6位 建築CAD検定

全国建築CAD連盟が主催する「建築CAD検定」は、CADを使って建築用図面を描く能力を有する方に認定される資格になります。この資格は日本初の建築CAD資格として1993年に誕生しました。その歴史や、受験者数の多さから信頼性の高い資格であるため人気の資格となっております。
CAD通信

資格通信教育ランキング

PAGE TOP