DIY

DIY工作アドバイザー口コミ評判

どんな資格?

DIY工作アドバイザーとは、DIYに必要な知識、ジグソーやノコギリ等の道具の作り方などの基礎知識を理解しているだけでなく、道具を使用し、家具などの製作に関してアドバイスできる人へ認定される資格です。
資格を取得した後は自宅やスクールで講師活動も可能になります。
日曜大工ともいわれて、お父さんにとても人気のある資格です。しかし最近では女性の方も受験する方が多いそうです。

まず「DIY」ってどういう意味?

最近になってよく耳にする言葉になったDIYとは、英語で「Do It Yourself」の略なのです。意味は自分自身で何かをするというもの。実は発症は1945年のイギリスから始まりました。
お金を出して業者やプロに頼むのではなく、自分で何かを作ったり直したりすることを指します。これは自分でできることは人に任せず自分でやろうという理念から作られた言葉でした。

少し調べれば自力で、かつ安価で作れるアイディアがたくさん載っています。もちろん道具は何かしら必要ですが、そこから何かを直したり新たに作り出すということは立派な趣味の一つですね。

認定試験の内容は・・・

・DIYの基礎、必要な道具や作るために便利な道具
・安価で仕上げるために、塗装や壁紙について
・応用してレンガの積み上げ方や気を付けるべきこと etc…

などいざという時に使えるものやなくてはならない知識が必要になってきます。

認定試験の申し込み方法

DIY工作アドバイザー認定試験は「日本生活環境支援協会」が主催しています。
この協会は生活における技術を中心に、そのスキルが一定以上あると認定してくれる協会で、他に「環境生活指導士」や「住生活材料品質鑑定士」認定試験などが開催されています。

協会のホームページがあり、そこから申し込むので全国どこからでも受験が可能です。受験する際に必要な経歴・資格などは一切ありません。
受験場所はもちろん自宅。試験期間は5日間なので緊張せず安心して取り組めます。答案を提出して、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後です。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

資格を取得した方の口コミ

「軽い気持ちで簡単なものから始めて見たら想像以上に楽しくてどっぷりとのめりこんでしまいました。まさかこんな資格があるとは思いませんでしたが、すぐに絶対合格してやると思い勉強をはじめました。
といっても私は初心者で試験勉強なんて何が出題されるのか、どうしていいかもわからず調べていたら通信講座を見つけました。自分がこれを使うことになるとは夢にも思わず。
資格がこれだけ取れるほどの教材と言われて我慢ができませんでした。結果無事合格出来て、正しい知識を確認することも出来ましたので、これからも存分に活かしていろんなものにチャレンジしていこうと思います」

どんな趣味でもそれに打ち込める姿は素敵ですね。是非新しいものを作ってほしいです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、少しでもDIY工作アドバイザーに興味を持っていただければ幸いです。
DIYアドバイザー  DIYアドバイザー

資格通信教育ランキング

PAGE TOP